2005年03月31日

占い師はどこまで信じれるか?

2・3年前、よく占い師の元に通った。
理由は、余りにも自分が孤独感に襲われ(今もだけれど)、自分の運命を知りたくて行った。

大体、占い師の言う事は占いの種類が変わっても似たり、寄ったり。
しかし、どれも当たらない。特に良い事は…。
悪い事だけは良く当たる。

よく言うのは占いは100%のその人の人生を語れるわけではなく、色々なデータを元にして、そういう傾向にあるということを述べているのであって、必ずしもそうなるという訳ではない。
だから、そういう風に心がけたり、その様にしていると予言のとおりになる確率が高いというだけだと言う事でが…。

私は、そうしているつもりだったが、それが少しもない。かすりもしない。その兆しすらない。逆に反対の事ばかり起きる。

割と良く行く占い師がいるが、この人のは本当に当たらない。悪い事は比較的当たる。
その人の言う事の逆になる事が多い。

先日この人の所を訪れた。いろいろと「○月にはこんな良い傾向があるかもしれない」とか言われたがいつもの例を考えると当たる確率は超低いし、逆になるので、今回も「ほー、すると○月には悪いことがあるんだな」と解釈している。

占い師として生計を立てているというが余りに当たらないと、やっぱりはったりだよね。
posted by diane at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

来月に劇場で見たいなあと予定している映画

なんかやたらとあります。少しびっくり。特に4月16日は大変です。
土日が返上予定なので上手く行くかどうか…。

では、見たい予定作品は(若干の地域格差があると思われますが…特にミニシアター物は)

4/2公開
「隣人13号」
「ひとまず走れ!」
4/9公開
「ハウス・オブ・ザ・デッド」
「フライト・オブ・ザ・フェニックス」
「名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー)」
「コーラス」
「オランダの光」?????
「大統領の理髪師」?????
「ビューティフル・デイズ」?????
4/16公開
「マスク2」
「コンスタンティン」
「阿修羅城の瞳」
「インファナル・アフェア  終極無間」
「真夜中の弥次さん喜多さん」
「海を飛ぶ夢」
「英語完全征服」
「ライトニング・ア・ボトル」
「スパイダー・フォレスト/懺悔」
「サマリア」
4/23公開
「コックリさん」
「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」
「Shall we ダンス?」
「ウィンブルドン」
「甘い人生」
4/29公開
「アナコンダ2」
「ドッジボール」??????
「バッド・エデュケーション」??????
4/30公開
「ブエノス・アイレスの夜」

なんか沢山あります。GW近いからか?
posted by diane at 16:14| Comment(5) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

今月見た映画のまとめ

今月も劇場公開作品をかなり見ました。見た作品を書いてみると

「シャーク・テイル」
「ローレライ」
「サイドウェイ」
「タッチ・オブ・スパイス」
「レオポルド・ブルームへの手紙」
「香港国際警察」
「運命を分けたザイル」
「ナショナルトレジャー」
「レーシング・ストライプス」
「ロング・エンゲージメント」
「あずみ2」
「カナリア」
「アイ・アム・デビッド」
「ブリジット・ジョーンズの日記  きれそうなわたしの12ヶ月」
「エターナル・サンシャイン」
「いぬのえいが」
「オオカミの誘惑」
「トニー滝谷」
「アマレット」
「バンジージャンプする」
「クライシス・オブ・アメリカ」
「世界で一番パパが好き!」
「アビエイター」


以上でした。
来月はGWも控えより沢山の映画が公開されます。
見なくちゃ。
posted by diane at 00:18| Comment(6) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

名探偵コナン  銀翼の奇術師(マジシャン)

「名探偵コナン」は毎週月曜日楽しみにしている作品だ。これもかなりの長寿番組で、毎年、GWに向けて、映画の公開がある。
今回、放送されたのは、昨年、劇場公開された作品で「名探偵コナン 銀翼の奇術師」である。
「名探偵コナン」は大人も楽しめる作品で、夜の部等に行くとかなり女性ファンの姿も見られる。自分もその一人だが…。レイトショーなどに行くと女性男性問わず、昼の部で
子供が多くてゆっくり楽しめないという大人がかなりやってくる。

今年の「名探偵コナン」は副題が「水平線上の陰謀(ストラテジー)」である。自分はしっかり行くつもりでいる。

さて、この「銀翼の奇術師(マジシャン)」は副題が示すとおり、怪盗キッドが出てくる。この前の年の「迷宮の十字路」とは雰囲気がかなり違う作品に仕上がっている。
どちらかというと「ベーカー街の亡霊」に近いかもしれない。

しかし、ストーリーのプロットはかなり大掛かりで、後半部分はジェット機を操縦し(しかもキッドと共に)、そして、そのキッドが逃げて行くと愛する蘭と共に飛行機を無事
胴体着陸させてしまうと言う物。しかも、その飛行機の中ではしっかり殺人事件まで起きてしまう。
そして、胴体着陸に至るまでが凄い。この飛行機は羽田発函館行きなのだが、函館空港の管制塔はぶち壊し、大火事を起こし、滑走路は使用不能。
じゃあ代替空港の新千歳はというと距離があるのと色々なアクシデントでそれは無理。ではどこに着陸したかと言うと、室蘭。室蘭は地球岬でも有名だが最近と言うか数年前からは白鳥大橋が有名。
その白鳥大橋の近くの崎守埠頭に着陸させ、そこが暗いので十分な明かりを取る為にパトカーの赤色灯を利用してパトカーを並ばせ、滑走路代わりにする為にランプの代りとしてしまうという凄い作りの話。

しかも、フォネティックコードまで出てくればこれは凄いというか、良く知っているなあと言う事で感心してしまう。

最初の方では、有名な舞台女優が舞台の中で自分の持っている有名な宝石を使用し、それを単に怪盗キッドが狙って予告状を送りつける。それがこの物語の始まり。
そして、警戒中の楽日の舞台でなんと、警察と共に工藤新一本人が現れるというもの。(新一はコナン君だからこれは怪盗キッドの変装)
そして、その舞台は汐留にある劇場で行われた為、新橋から出るゆりかもめまで利用してしまう。ここでは盗まれなかったが、ビルの屋上で、怪盗キッドとコナン君の
会話は非常に興味を惹かれる。暗示的なのだ。

まあ、上で述べたようにこの作品は前作の「迷宮の十字路(クロスロード)」とは雰囲気がかなり違うので多少戸惑いはあるが今年の作品はどうであろうか???????

ちなみに「迷宮の十字路」でのテーマソングは倉木麻衣が歌っていたが、この作品は愛内里奈。今年は誰がテーマ曲を歌うのかな?
久々にZARDかGARNET CROWかもしれない。意に反してB’Zだったりして。(笑)
posted by diane at 23:57| Comment(3) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アビエイター

ついに大作の「アビエイター」が公開された。特別この作品の公開を待ち望んでいた訳ではないが、この作品は色々と話題を皆に話題を提供してきた。まず、アカデミー賞のノミネートの数。そして、
特に、期待の主演男優賞の行方はとても、話題になった所だ。また、2年前になるが、作品の出来について話題になったディカプリオ主演の映画「ギャング・オブ・ニューヨーク」とまた、同じ監督と組んでの作品。
しかも今回は、ディカプリオ自身が、エグゼクティブプロデューサーと言う事も話題提供の1つと言って良いと思う。

さて、この作品が公開前から話題になっていたのだがその理由は様々。まず言えるのは出演している人々の豪華な顔ぶれである。監督自身もこの作品にはかなりの期待をかけていたので演技力の確かな面々を考えると
こういう配役もありかなと思ってしまった。まず、ダブルのケイト。つまり、ケイト・ブランシェットとケイト・ベッキンセール。前者は幅広い役をこなし、実力派女優として注目を浴びている女優。最近では「ヴェロニカ・ゲリン」の演技が記憶に新しいところだと思う。
この作品は恵比寿ガーデンシネマで昨年公開されたミニシアター系作品だが、事実に基づいた物で、彼女のとても勇敢な演技が評されている。後者のケイト・ベッキンセールは最近、「ヴァン・ヘルシング」や「アンダーワールド」で色々と注目される若手株。このようなちょっと変わった映画に出演し、新境地を開こうとしているが、
私は昨年ヴァージン・シネマ六本木ヒルズで公開された「しあわせの法則」の彼女もなかなか清純な雰囲気で、「アンダーワールド」等の映画とは違った感じだ。
ジュード・ロウは色々なものにチャレンジしていていつも面白い演技を見せてくれる。記憶に新しいところで「コールド・マウンテン」や「スカイキャプテン」などがあるが近々、大作の「クローサー」の公開が待ち遠しい所だ。
ジョン・C・ライリーはあまり、大きな役についたりはしないが個性派俳優だ。「シカゴ」での名演技とあの彼の歌「ミスター・セロファン」は忘れられないであろう。彼も色々な映画にかなり出演しているし、大きな役でなくても、映画の中での役どころが大きいとても重要なキーマン的な役をよくこなしている。
映画をよく見ていると、彼はよく出演している。

さて、話題のアカデミー賞に話を触れると合計5部門受賞。助演女優賞(ケイト・ブランシェット),撮影賞、編集賞、美術賞、衣装デザイン賞。その他前哨戦と言われたゴールデン・グローブ賞でも3部門受賞している。
しかし、一番の話題は監督賞と主演男優賞の行方だった。これからの公開となる「ミリオンダラーベイビー」を見ていないので何とも言えないが、監督としてはかなり期待と気合の入った作品だったであろう。賞の発表のあと、マーティン・スコセッシ監督が酷く落胆したと聞いている。
主演男優賞は今年はジェイミー・フォックス(Ray)に持っていかれたが、初めてのノミネート。確かに演技力は毎回、着実につけているのかも知れないが、主演男優賞を実際に受賞したジェイミー・フォックスと比べると少し物足りない感じがした。
同時にレオナルド・ディカプリオと共に期待のかかった「ネバーランド」のジョニー・デップ。彼もかなりの演技への挑戦だが、これからもますます期待できる俳優なので今後に期待したい。

レオナルド・ディカプリオと言えば「タイタニック」以来、色々な所で注目を浴びていた俳優だ。しかし、未だにアイドル的要素(ある意味大切だけれど)抜け切れていない感がある。確かに、演技の成長と共に変わってきてはいるのだが…。この点が何とも惜しい。
今回もシナリオ的、また、作品の内容的にもかなり良いのだが、もう少し、ハワード・ヒューズと言う人物への演技の掘り下げが映画の核となるだけに少し浅いと感じた。今回はエグゼクティブ・プロデューサーにも名を連ねてこの作品にかなりかけていたと思うが、残念な所である。
きつい言い方かも知れないが一度大作から離れて、本当に演技だけに集中しなければならない作品に出て見るというのも面白いかも知れない。また、今回は周りの出演者が実力派揃いと言う事もあったかも知れないが、時々、周りに演技が食われていると感じる所があった。
しかし、彼自身の演技が決して稚拙と言っているのではなくいまだに発展途上と言っておこう。特にケイト・ブランシェットとの絡みのシーンでは印象が押されていた感じがする。

さて、話は実在の人物ハワード・ヒューズ。この人物はどうやらかなり経済界、映画界、航空界、沢山のゴシップそして、政治の上でも伝説的人物だったらしい。実際に、ディカプリオが演じていたのは、ハワード・ヒューズが実際に莫大な遺産を引き継いで世に出てから、横領疑惑の公聴会をなんとか乗り切り、それでも夢に向かって邁進していく
という部分の年表にしてみると20年位の事らしい。映画を見ているとこの人物を描くのに約3時間掛かるというのは長いけれど仕方の無い事だと思った。また、ロケーションの上でもかなり大掛かりな規模で行い、映画作品としての大作のアピールと迫力を前面に出しているように思う。実際のハワード・ヒューズは本当に
金に糸目をつけずに色々な事をやった人物だからほんのわずかのエピソードを描くのにも大掛かりにならざるを得ないという所であろう。
また、この人物はハリウッドの華々しい女優達との付き合いも派手だったのだろう。名女優と謳われたキャサリン・ヘップバーン(ケイト・ブランシェット)やエヴァ・ガードナー(ケイト・ベッキンセール)との付き合いも彼自身、セレブリティと言う事もあるが、仕方がないか…。

ハワード・ヒューズは21歳にして父親の莫大な遺産を元手に世界一の映画を作るという夢と飛行機への追求という野望の二つを持ってハリウッドに乗り込み「地獄の天使」を作った。壮大な飛行機の質と数。まるで飛行機部隊1つ以上の数の飛行機、空中戦、自分もスタントに挑戦し、しかも当時は珍しいトーキー映画と言う大作。3年掛かりで製作されたこの映画は
公開前はボロボロに批判されたが結局は大ヒット。あっと言う間にただの石油成金からハリウッドのセレブになった。そんな彼は有る日有名女優のキャサリン・ヘップバーンに運命的な出会いをして一目で恋に落ちてしまう。夢の様なデートシーン。そして、彼自身の飛行機にかける夢。そんな中で彼は世界最速飛行記録を樹立して、キャサリンと喜びを分かち合うのだが
ハワード・ヒューズとキャサリン・ヘップバーンは互いに別れられない運命と気づきますます、強い愛情で結ばれていくのだった。しかし、似ているからこそ惹かれあう二人。互いに、愛して入ればこそ互いに傷つけあうのだった。(この辺りのケイト・ブランシェットの演技はとても魅力的、いや魅惑的とでも言おう)
彼は、実は強い夢を持っていた。それは自分で自分の飛行機、究極の飛行機を作る事。会社を作り、航空会社のTWAを買収して、航空産業に名乗り出て、開発にいそしむ。やがて、空軍との間で世界最大の飛行機「ハーキュリーズ(ヘラクレスの事。フランス語式だとエルキュールかな?)」の開発契約を得て、ますます、飛行機の開発に熱中する。しかし、彼が熱中すればするほど、キャサリンは
彼の元から離れて行き、彼の元には帰らなかった。
今度はTWAを使って、世界に羽ばたく夢を持つ彼。傷心の中で仕事に打ち込むことで忘れようとする。しかし、ライバル社のパンナムがそれを阻もうとする。国際線の独占を図りたいのだ。上院議員のブリュ−スターを利用してまで独占しようとする。凄まじい戦い。
公聴会で追い詰められる彼、この頃から彼は、精神病の兆候を示し始めるが、しかし、逆に上院議員とパンナムの疑惑を逆に提示し乗り切る。
今度は別な飛行機でのテスト飛行。最初は順調だったがそれが大事故に…。そして、彼は今後どうなるのか?????

と言ったところである。この映画の迫力は実際に見ないと理解できない映画である。

今後、「アビエイター」とアカデミー賞を争い、主要部門をかなりとった「ミリオンダラー・ベイビー」が公開される。この作品を見ないと真の「アビエイター」の映画の価値は出てこないと思う。
楽しみである。
posted by diane at 23:21| Comment(27) | TrackBack(60) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界で一番パパが好き!

この映画の原題は「Jersey Girl」。映画を見たのは遅い時間帯と言うのもあるかもしれないけれど本当に人が少なかった。でもとても可愛らしい愛に満ち溢れていてとても良かった。面白いし。主演はベン・アフレック。彼は色々な映画に出演しているけれど私が最近見た彼の映画は「ペイチェック  消された記憶」。彼は比較的がっしりした体格しているからどちらかと言えばアクション向きかなと思いきや、全然。こんなファミリー向けの映画もかなりいけるじゃありませんか。しかし、彼は毎年、ラジー賞の常連。ちょっと演技力というより棒読みがちな演技もこれまた、面白いところです。また、相手役にリヴ・タイラーと言うのも面白い配役の仕方です。子役のラクエル・カストロちゃんはなかなかやりますね。カリスマ的子役のダコタ・ファニング
とはいかないまでもかなり可愛らしい演技を披露してくれました。この子の将来が楽しみです。

配役といえばこの映画、意外と主役級の俳優が出演しているのも魅力の一つです。だからといって決して、余り演技力の無い(こう言っては失礼ですね。)ベン・アフレックの存在感を消し飛ばすわけでもなくどちらかと言えばそういう人達が出演しているだけに余計、彼の魅力が出ているというかそんな感じでした。そうですね。本当に気づかないかも知れませんが何気にマット・デイモンがチョイ役で出ていたり、後半の映画の大切な流れを決定付ける所で、映画上は犬猿の中のウィル・スミスがカメオ出演していたりとか、見ていて「へぇ〜」等と感心してしまう場面もありました。

実はこの映画の撮影中、とあるエピソードがあったのはとても有名な話です。それと言うのはベン・アフレックの妻役をしているジェニファー・ロペスと彼自身が付き合っていてそして、この映画が完成する直前に破局に至っていると言うこと。まあ、彼女はそれほど、沢山のシーンに出演している訳ではなく、映画のストーリーからすればそれほど重要とは思えないのですが、編集の段階で、監督や関係者が二人の状況を慮って、幾つかのシーンを削ったとか…。

しかし、ベン・アフレックのこのファミリー映画、なかなか思いつかない彼の役どころ。見ていて意外とナイスに決まっていたのは(決まっていないかも知れない)なぜ?
考えつかないからこそ面白いのかも知れません。

さて、ストーリーは、オリー(ベン・アフレック)はニュー・ヨークでかなり成功していた芸能関係の宣伝マン。妻になるガーティー(ジェニファー・ロペス)をとても愛していたが、何しろとても忙しい仕事についていてデートはいつも深夜。それでも何度も愛を確かめ合い、彼の実家のニュー・ジャージーまで行き、紹介。無事、迎え入れられ、プロポーズ。そして、ガーティは妊娠。ニューヨークのマンハッタンの最高級マンションで何不自由ない生活をしていた二人。しかし、ある日、妻が臨月を向かえ、いざ出産。慌てて病院に駆け込み、赤ちゃんの誕生。そこまではめでたしめでたし。しかし、妻は出産のとき動脈瘤が破裂してその時に亡くなってしまう。
困ったのはオリー。赤ん坊を抱え、家の仕事もしなければいけないし、自分の仕事をしなくてはいけない。そこでしばらく、実家の父親に赤ん坊の面倒を見てもらっていた。妻を亡くしたと言う寂しさもあって彼は仕事に没頭。仕事はハードで色々な我侭なクライアントを抱えて大忙し。娘がかわいくても父親らしい事はおざなりに…。それを見ていた、彼の父親は、オリーにとって
一番大切な日に、面倒はみないと言い張り、大変な事に。困ったオリーは赤ん坊を抱えてイベント会場へ。そこでは、以前は大した事の無かったはずのラッパー、フレッシュ・プリンスつまりウィル・スミス(この当時、「インデペンデンス・デイ」に出演したりして俳優としての成功を収めつつあった)の記者会見があった。そこではオリーはまたもや大変なパニックに。赤ん坊は泣き止まないし、ウィル・スミスは現れないしでイライラのしっぱなし。そして、最後にはウィル・スミスをこき下ろしてしまった。そして、仕事はクビ。どうしようもなくなった、彼は実家のニュージャージーに住む事になった。慣れ親しんだニューヨークの煌びやかさとはお別れ。(しかし、こんな風に至る前に、彼自身も仕事を続ける為の色々な手立てもあっただろうに…。たとえばベビー・シッターを雇ったり、施設に預けるとか…。それをしないで全部自分で被ってしまうという愚かな所が映画の中で描かれている所が面白い。これが、この映画では要となるところだから…)彼の父親が実家に住む条件としては「父親らしい事をする事。最低限、親として子供を寝かし付ける事」。そして、生まれて一ヶ月の娘にある日、寝かしつけながら「世界一の父親になる事」を宣言するのだった。
実家に行っても彼は怠ける訳にはいかない。父親を手伝い、道路清掃や街の管理に関わる仕事をする事になった。しかし、彼の心の中には以前のニューヨークでの成功が忘れられない。時々ニューヨークに行っては仕事の面接等も受けていたが全て不採用。(実は面接官の一人にマット・デイモンが出ている。このときは「ボーン・スプレマシー」の撮影と重なり、本当のチョイ役出演だ)彼のウィル・スミスを貶す発言の波紋は大きい。
愛する娘の為に学校の送り迎えからこまごまとした面倒まで甲斐甲斐しくするオリー。
ある日、ビデオレンタルの店で大学院生の女の子マヤ(リヴ・タイラー)と知り合った。マヤは彼に興味を持ち、ランチをしながら論文の取材に答えると言う事になった。そこで、マヤはオリーが妻を亡くしてから一度もセックスをしていなくてアダルトビデオだけで我慢していることに驚き、彼をなんとかセックスさせようと彼の自宅へ。さあ、これからと言う時に娘のガーティ(娘の名前も妻と同じ)に見つかった。裸になってバスルームに隠れていたのだ。ここからの話し合いが面白い。娘のガーティーは自分の父親に激しい突っ込みを入れて有無を言わせずに望みをかなえさせてしまった。
そんなある日、望みのミュージカルを見にニューヨークに行ったとき、ガーティとオリーは親子デートをする。その時に、オリーは娘にニューヨークはどんなに素晴らしいか、自分はどんな仕事をしていたのか妻との関係などもたっぷりと話して聞かせた。しかし、ニュージャージーしか知らない娘はニューヨークよりもニュージャージーの今の生活を守りたいと願っていた。
つまり、ニュー・ジャージーでの自分、父親、祖父、祖父の友人たち、そしてビデオ店でバイトをするマヤとの関係。これが大切だったのだ。
それでも、元の仕事に固執するオリーは元の同僚を訪ね面接の手はずを整える。相手側の反応は良い様だ。所がこの面接日が問題だった。ガーティーの発表会と重なっていたのだった。一緒に出演しようと練習していたのだった。自分の仕事の夢。子育てに追われそれも叶えられないでいるジレンマ。一方、大好きなパパに反抗するガーティー。家族に危機が…。

この後は、実際に映画を見たほうが楽しめると思います。天敵ウィル・スミスのこの映画でのカメオ出演。これがまた大切です。見逃して欲しくないところです。

「大根役者」と言われ続けたベン・アフレックの父親演技の奮闘振りはとてもジーンと来ます。

それから、この映画は、バックに流れる音楽もかなり興味深かったです。少し、80年代後半と90年代前半を意識してか、懐かしい人達が演奏しています。特にブルース・スプリングスティーンはとても懐かしい。その頃の曲ではありませんが声が懐かしいので音楽も味わえるかなと思います。
posted by diane at 00:43| Comment(2) | TrackBack(24) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

バンジージャンプする

本当に最近の韓流ブームは凄い。私の知っている限りの映画館やシネコンでは、かなりの所で「韓流フェスタ」とか「韓流ムービーツアー」とかやっている。

この映画は韓国四天王の一人、イ・ビョンホン主演の作品。作品自体は2001年作品と少し古いが、彼が主演と言うのと先日、韓国ではこれからの期待の女優のイ・ウンジュの共演作品。しかもこの彼女はこれからと言う時に自殺という非常残念な訃報が流れた。と言う事で公開になったのだろうと思う。何しろ、イ・ビョンホンはこれから「甘い人生」という映画の公開が待っているので…。

見た所、とても「愛の純粋さ」を少し、有得ないシチュエーションだが描いている。こんなに純粋で切ない愛の描き方は、韓流独特の得意な手法と言えるかも知れない。
私なりにこの映画を端的に表現するならば「韓流的『いま、会いにゆきます』輪廻転生編」とでも名付けたい所かな。自分の愛情の深さは時代を人の生まれを超えてそれを証明すると言うところか?
座席はかなりの観客が入っていた。韓流なので一般に漏れずこの映画も女性客が多い。

ストーリーは二つの時代に跨って描かれている。
1980年代インウ(イ・ビョンホン)は大学生。ある雨の日、突然自分の傘の中に入ってきた女性テヒ(イ・ウンジュ)に一目ぼれ。それ以来、彼の生活、彼の脳裏からは彼女の存在が消えない。色々と友人達にも相談を持ちかけどうしたら彼女の関心を惹き続ける事が出来るかが彼の毎日の課題。自分の大学の授業もそっちのけで彼女の授業に忍び込んだり、また、吸えないタバコも彼女が「かっこ良く吸う人が好き」と言えば練習してまで彼女の関心を惹き続けようとする。
ある日二人は、山の絶壁に行く。そこで彼女は「ニュージーランドには絶壁から飛び込む人がいる」とパンジージャンプの事をインウに語る。しかし、彼には何の事やらわからない。ここからはしばらく二人の甘い付き合いの状況が続く。ラジオのDJでの告白。彼女から彼へのライターのプレゼント。などなど。
ある日のデートで、その日はやはり雨の日だったが、彼女は激怒。二人は別れる。が、彼女はその場で彼がまた来るのを待ち続ける。そして、彼はその期待に答えるが如くに彼女の元に現れる。そして、「君と寝たい」と言い、日本で言うブティック・ホテル韓国版の様な所に行く。なかなか踏み切れない二人。しかし、時間と共に打ち解けていく。こんな感じで二人の愛情はますます強くなっていく。
ある日、インウが兵役に出発する日だった。駅で待っていてと言われ、彼はずっと待っていた。しかし、テヒはいつまでたっても現れなかった。二人の愛はここで唐突に終わった。
ように見えたというのが正解かもしれない。というのは、彼はどんなに時間が経っても、環境が変わっても、テヒが戻ってくるのを待ち続けていたのだ。ずっと…。

2000年、インウは高校の国語の教師をしていた。彼は結婚し、子供までその時にいた。しかし、心の奥底ではテヒへの思いが燻っていたのいたのだろう。
ある日、インウは自分の担任クラスで挨拶をする。自分と生徒が今、現在、教室で一緒にいるのは因縁だと。そして、生徒から初恋の話を迫られたとき、彼は話始めた。テヒの事を。
「一目で恋に落ちた。雨の日に…」と話始めると、クラスのある生徒、ヒョンビンが一目惚れについて発言した。その発言にインウは触発された。その日から、インウはこの生徒が気になり始めた。この生徒の全ての行動、発言、持ち物などなど。それはインウにとってテヒを暗示させるものだった。「お前は誰だ」とインウは取り乱し、テヒとヒョンビンの事が忘れられなくなっていった。インウとヒョンビンの関係は学校中の噂となり、ホモだの同性愛者だの師弟関係を超えているだの、色々。そして、仕舞には、生徒にも愛想を付かされ授業までボイコットされる。
ヒョンビンはインウを責め、インウはテヒをヒョンビンから感じると泣き崩れ、自分を見失う。そして、インウは退職。ヒョンビンはかつてテヒがインウにプレゼントしたライターを持ち、それを見て考え込む。授業も自分自身の生活も今や無い。そして、ヒョンビンの心の中にテヒとしての記憶が…。ヒョンビンはテヒの生まれ代わりだったのだ。
インウは兵役に付く日の様に駅のホームのベンチで何を待つでも無く座っていた。そこへ全てを思い出したヒョンビンが現れる。インウは運命的な愛をここで感じた。
これから先は、ちょっと見た目では変だがテヒの心を持ったヒョンビンとインウがまたも愛の再燃となる。
ある日彼らは、ニュージーランドに行く決意をする。かつてテヒが言った様に「絶壁から飛び込む」事をする為に…。しかし、このときの二人は、普通のバンジージャンプの様なロープは無かった。

なんとも言えない運命の愛。輪廻転生してまでの愛。凄い力だ。二人の純愛は全てを超えていく。本当に切ない。特に、ヒョンビンとインウの関係はとても胸が詰まる物があった。
全てを思い出してからのヒョンビンとインウの関係。人間の「想い」は力強いと感じさせられた作品だ。

posted by diane at 22:15| Comment(3) | TrackBack(19) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

クライシス・オブ・アメリカ

原題は「The Manchurian Candidate」。
この映画わ見た時は非常に恐ろしいと思った。今や、アメリカと言えば世界の行方を決定付ける位強い国。その国が、実は、国の指導者も真の国民によって決められるものではなく意図的に決定されているとしたら? 自由を標榜しているアメリカが実は、人権蹂躙と世界から認識されている国々以上に人間の知らない間にコントロールしているとしたら? 一部の権力者が権力闘争の為にとんでもないことをしているとしたら? 自由ではなく資本力が世界の行方を決定付けているとしたら? 人間の尊厳なんてあったもんではない。

それを実際に見て感じた。予告編などでは、政権に就く者同士の政争の話だけかと思っていたらそれどころではない。世界わ牛耳るためには科学力まで駆使して、人間の体に影響を及ぼす。それも肉体だけではない。精神構造。マインド・コントロールである。

現代の科学ではそれも可能なのかなと考えると末恐ろしい事である。そして、もし、それが実際にされているとすれば…? 科学的には可能なのかも知れないけれど怖い。でも、現在、それがされていてもおかしくない状況だからこそこのような映画が生まれたのだと思う。

それにしても最近、なんとなくだが人間の記憶中枢わ科学的または医学的力でコントロールする、または浸透していくという映画がかなり増えてきていると思うがそれを考えるとこんな事があっても何の不思議も無いと言うことの裏づけなのかも知れない。

つい、この間までは我々の敵はテロリストだと叩き込まれていたが、世界を牛耳るには手段を選ばない強い資本力を持ち、しかも最先端技術力が結びついたとなれば非常に怖い。

昨年、アメリカでは大統領選挙が行われた。あちこちで不正の声が上がる中、現在の大統領の
続投が決定された。まさかとは思うが自分達に都合の良い指導者を選ぶ為に実際にもし、この映画の中で行われた様な事が起こっているとしたら大変なことである。
しかし、映画のラストではこの様なことをたくらむ奴は成敗わ受けると言う様な感じに落ち着いたのでなんとなく神はどこかに存在しているんだなとという感覚を持った。

ストーリーは湾岸戦争まで遡る。これはそう遠くなかつた戦争だし、未だにその影響を引きずっている事もあるのでこの映画を製作する時は非常に微妙な事であっただろうと想像に難くない。
湾岸戦争に行った者で「砂漠の嵐」作戦に参加した人達の間では未だにトラウマに悩まされ、大変な思いわしている人達が多いと聞いている。大変に痛ましい出来事だ。
そのときの英雄と奉り上げられ、次期副大統領候補に指名される人物、果たしてこの人物がなつていいのかと言う所から始まる。彼の上官だったマルコ少佐(デンゼル・ワシントン)は複雑な気持ちでテレビの中の彼、レイモンド・プレンティス・ショーを見る。彼自身は現在、下院議員、母親は上院議員。少佐の脳裏にはショー軍曹の戦争当時の全く別なイメージが存在する。果たしてこの様な人物だったのだろうか?
自分はこの人物に勲章候補者として推薦したのだが正しかったのだろうか? 自分の持っている記憶に疑問が生じる。
自分の部隊の中いた部下の中にもマルコと同じような感覚に囚われる者もいたが、その人物は
消されてしまった。疑惑が彼を調査へと乗り出させるが自分の前に立ちはだかる絶大な権力に彼は勝てない。
しかし、自分は何者かにコントロールされ、ショー軍曹ももしかしたらという脳裏に出てくる幻想は打ち消せない。ショー軍曹自身はこれは自分の希望ではなかったはずだ。
ある日、彼は直接、めったに持てなかったがようやくショーと話す事ができた。彼の心の中にはまだ、本物の彼自身が存在するが、コントロールされていた。母親に逆らっていたはずなのに今や母親の夢の通りになっている…????????
しかも資本力のある最先端テクノロジーの会社も絡んでいるらしい?
話はますます複雑さを呈していくが???????


みていてハラハラドキドキ。恐ろしいながらも現実てあるかも知れないという感覚が沸く映画だった。
posted by diane at 20:07| Comment(5) | TrackBack(19) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アマレット

非常に短い小作品。ドリカム自身がドリカムのそっくりサンの役をしているアマレットと言う
グループのお話。ここの所が見ていて面白かった。
自分自身が自分のそっくりサンを演じると言うのはどうなんだろうか??????

彼らではないので彼らがどう思っているのかは知る由もないけれど映画を見ていて思う事は自分たちもこうやって人気のグループになっていったのだから、今現在、がんばっているグループの人達にある意味の応援歌を与えていると思っていいだろう。また、この映画を通して、自分たちのこの「ドリカム」と言うグループが存在しているのはファンがいるため。そのファンに答えたいという気持ちから生まれた小作品だと思う。
グループセッションを組んでする音楽はお互いの呼吸が大切。それと同時に互いの思いやりも大切だと思う。
それが非常によく現れていると思う。それに、ドリカム自身15周年記念わ迎えている。自分たちの出発点を見つめてみるのもよい物であろう。

「アマレット」という言葉は元来、イタリア語で「友達以上、恋人未満」を表す言葉なのだそうだ。
本物のドリカム自身はどうなのだろうか?
ある意味、見ていて面白い作品だなと感じた。
posted by diane at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は何を見に行こうかな。

今日は映画公開日。今月は本当に映画の公開が多いなあ。
今日は、まず4本を確実に固めたいところです。

「アビエーター」… もの凄い話題作だったけど、結論的に言えばアカデミーの賞取りレースには失敗? ノミネートされていても取れていないしね。

「世界で一番一番パパが好き」…ベン・アフレック主演。前回、「ペイチェック」見たけれど
あの作品はイマイチ好きになれなかったなあ。

「アマレット」…邦画作品。吉田美和等がでる。上映時間も短いのでどんな作品なのか気になる所です。

「クライシス・オブ・アメリカ」…デンゼル・ワシントン主演。メリル・ストリープ等も出演している。私としては大作扱いなのだが、公開劇場が限られているので下手をすると間幻の大作となりうるかも知れない。全国のユナイテッド・シネマとシネプレックス幕張での公開。

「パンシージャンプする」…イ・ピョンボン、イ・ウンジュ出演の映画。韓流ブームに乗った映画だが、女性の方が自殺したりと色々と影のある話題が多いかな。


どちらにしても見てみないとわかりません。
posted by diane at 12:05| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

seesaaでの初投稿。

少し自信ないけれどやって見ます。実はここ、まだ慣れていません。だからきちんと投稿されているかも不安。でも書きたい事は沢山あるんですよ。

無理をせず掛ける時に書きたいです。
posted by diane at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | モノローグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。