2005年06月26日

スター・ウォーズのサウンドトラック

スターウォーズの音楽と言えばジョン・ウィリアムズ。
彼の音楽、特にスターウォーズのテーマは特に有名すぎて言うまでも無いのですが、他の部分でも中々、良い曲がかなりあります。
一般に、彼の作品ばかりでなく、非常に出来の良いサウンドトラックと言うか、映画音楽はかなりあります。

スターウォーズのサウンドトラックはその中でも非常に微妙な味わいと言うか表現が多く、私も色々と役立つ事がありました。

特に今回のは、映画自身がかなり大きなテーマを持っており、戦いのシーンよりどちらかと言うと心理描写や出来事に至るまでの過程を描く場面が多く、
その為か、曲自身も非常になんとなく微妙な感じのニュアンスを持った曲が多いと思います。

サウンドトラックも中々のものですのでお試しの価値はあるのでは…。


特に今年は音楽が映画の中で重要と言う作品が多く、サウンドトラックは、私もかなり色々と購入しました。

特に、コール・ポーター関連の物は凄いですね。色々な作品で使われていて。
その集大成が「五線譜のラブレター」と言うところでしょう。
多分。
posted by diane at 00:49| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先週から今日までのところでは…

私の唯一の心の慰めの映画館で映画館で映画を見ること。
今の所は
「バットマン・ビギンズ」
「スピーシーズ 3 禁断の種」
「ザ・リング 2」
「ビートキッズ」
「スターウォーズ エピソード 3 シスの復讐」
「オープンウォーター」
「ダニー・ザ・ドッグ」
「50回目のファースト・キス」

でした。
posted by diane at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スターウォーズ エピソード 3 シスの復讐

今日について言えば特筆すべきは何と言っても「エピソード3」でしょう。私は今日の初回カウントダウンイベントを見たくて行ったのですが前もってチケット予約していたオンライン装置の調子が良くなくてちょっと見逃しましたが、なんとか上映は初回で見れました。みんなとカウントダウンしたかったな。
ダースベイダーやドロイドたちの着ぐるみや巨大人形は写真に収めてきました。それにしてもクソー。せっかく早く行ったのに。上映はうちの地域では一番早い上映のせいか、いつもは満席になることの少ないこのスクリーンが満席でした。ただここはTHXではないのでまたTHXでDLP上映の所で見直します。やはりルーカスさくひんですから。
噂どおり緊迫しましたね。特にもう既に作品のストーリーの流れは
リークされまくっていたので知っていましたがオビ=ワンとアナキンの戦いは凄かった。どうしてアナキンがあんな姿になったのかも
わかったし、ルークやレイアの出生の秘密も、ジェダイが隠されたのも帝国の誕生秘話もわかりました。やはり凄い。
上映が終わりエンドロールが流れて場内にライトが照らされると
拍手喝采でした。
観客層は多岐に渡るのですが、少し、おじ様層が多かったかな???
これは見ないとわからないので、実際にご覧になった方が良いでしょう。
もう1つ、見る前にちゃんと予習をしておく事をお勧めします。
エピソード1、2、そしてトリロジーと見ておいた方が良いです。
面白さ倍増は請合います
posted by diane at 00:06| Comment(55) | TrackBack(17) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

バットマン・ビギンズ

今週は「バットマン・ビギンズ」がメインの様な週でしたので、夜中の12時過ぎの上映も物凄い人が並びまくっていました。
「バットマン・ビギンズ」は今までと全くイメージが違い、どちらかと言えば陰の部分が強調されたと言って良いと思います。クリスチャン・ベールは「しあわせの法則」で良いなと思っていたのですがその後の「マシニスト」でがらがらに痩せてしまって少し心配していましたが今までのバットマン役の中では若いキャスティングで
良かったと思います。リーアム・ニーソンやモーガン・フリーマン、マイケル・ケイン等が脇を固めていましたのでそれなりに娯楽映画としては楽しめたと思います。リーアム・ニーソンて最近、割と何かの師匠役とかリーダー役とか多いっすね。
モーガン・フリーマンは今や、いつもどこかの映画で必ず出演しているという感じですね。
日本の観客の方は渡辺謙、気になると思いますが、最初、聞いた話ではバリバリメイクした超悪人でという情報が流れたのですが、全然違いました。彼の出演は最初の30分程でしかもなんか見た感じ
山奥の寺のラマ教かなんかの寺の住職で、とても静かな役柄だったと思います。超悪人なのには変わらないんですが…。確かに武芸に秀で、クリスチャンベールとの戦いのシーンもありましたが、リーアム・ニーソンとクリスチャンベールの争いが多かったですね。全体的に。全編を通してリーアム・ニーソンでまくっていたし。一番の超悪人は彼でしょう。ケイティーホームズは最近、出てくるようになった女優さん。これからの活躍に期待です。
posted by diane at 21:10| Comment(15) | TrackBack(6) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

今週は…

少し忙しかったです。色々と行事があったし、病院通いもしたし、人とあったし。

さて、今週見たものはと。

戦国自衛隊1549
サハラ
リチャードニクソンの暗殺を企んだ男
マイ・ブラザー

余り沢山は、やる事があって見れませんでしたが…。
英語の勉強もあるし…。リハビリも行かなくちゃ。
posted by diane at 00:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

6月に入って見た物

一体、何本見たんだろう?
なんか、最近慌しくて殆どネットに入る事などが無いが映画だけは何とか見ている。
しかし、見れないのもかなりあってそれが悔しい。
で、今日までに見た物は…。

スカーレット・レター
電車男
いらっしゃいませ、患者様
フォーガットン
ホステージ
美しい夜、残酷な朝
最後の夜のはじめ方
四日間の奇蹟
エレクトラ
ワイルドタウン/英雄伝説
posted by diane at 21:42| Comment(1) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。