2005年08月03日

ロボッツ  (字幕版)

さすがに夏休み時期だけあって子供向けの(大人も楽しめる映画もあるが)多くなってきました。このロボッツもそうでしょう。表向きは機械になっていますが実際は、人間の夢や希望をどう生かしていくか、そして、それをもって生きて行く事がどんなに大切な事か、そして新しいものが開発されたから、それの方が性能がいいから使い勝手がいいからと言ってそう簡単に物を捨ててしまう現代の使い捨て社会に対する警告。私はこの映画からこれらの事を感じ取りました。
宣伝では「アイス・エイジ」のスタッフが製作した冒険ファンタジーとの事ですが、確かにそうですね。ある一人の若いロボットが自分の夢に向かって旅発つという意味では冒険ファンタジーと言えると思います。そして、田舎から知らない都会に出て色々な経験を通して自分の生き方と言うのを学んでいく。と言う意味ではとても子供には良い作品かも知れませんが、なにぶん未来でロボットの世界。これは少し子供にはわかりにくかったかも知れません。

この点では、賛否両論でしょう。
しかし、全体的にカラフルな色合い、それからフルCGアニメと言う事でとても色彩的にも技術的にも難しい構成と言えるでしょう。
しかし、この映画のロボットデザインは私はあまり好きではありませんでした。
そう言う方も沢山いらっしゃるかと思います。

さて、私の見たのは字幕版ですので、元のままのキャストの声で聴く事が出来ます。
このロボッツに出演している人達もかなり豪華な面々です。
主役にはユアン・マグレガー。この時期ですからシネコンによっては同時にユアンの出ている作品が3つ一度に見る事も可能ですね。
ちなみにユアンのスコティッシュ・アクセントはだいぶ抑えられていましたが所々にその名残が…。しかし、これからますます、ハリウッド作品に出演する機会も増える事でしょうから
少しずつ慣れていかないと…。最近は、彼の出る作品はダイアログ・コーチがついていますね。(スターウォーズを除く。)
そしてハル・ベリー。昨年はラジー賞でしたが、「チョコレート」でアカデミー賞を撮っています。
ロビン・ウィリアムスも出演しています。彼も「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」でアカデミー賞取っています。
面白いところではグレッグ・キニアでしょうか。「恋愛小説家」ではかなりよい演技をしていましたし、比較的最近のマット・デイモンと共演のコメデイ映画「ふたりにクギづけ」はとても面白かったです。

という感じの豪華キャスト&スタッフですが、批評は分かれるのではないかな。
posted by diane at 23:31| Comment(3) | TrackBack(24) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スターウォーズ  エピソード 3 シスの復讐  2回目

NEC_0023.jpg



最初に見た時は先々行上映の時だったが、今回は普通の時に見に行った。
と言うのは、前回は音響の点でTHXではなかったのと大画面で見たかったから。
前のも大画面でしたが…。元はIMAXシアターでしたから。

やはり全体的に画像が暗いですね。これはアナキンがしっかりとダークサイドに落ち、ダース・ベイダーになる話ですので仕方ないのですけれど。

それと彼の顔、全体に光が当たる事がとても少なかった様な気がします。顔も全体と言うより部分的に見えていたりして。

衣装の点でもエピソード2はもう少し明るい色合いの服、ベージュ系から茶にかけての色合いでしたが今回はもう既に黒の組み合わせでした。

結論から言えば、エピソード1からエピソード3までの作品は全てアナキンがいかにしてダースベイダーになるのかを表した、アナキンの為の話だったのかもしれません。

もう1つ、元老院議長パルパティーン(ダーク・シディアス)はのちのトリロジーの部分では
銀河皇帝ですが、この役をしているイアン・マクダーミッドは彼は一作目から通して出演ですね。

おまけにサウンドトラックを買うとおまけのDVDがついていますが彼がガイド役をしていました。

冗談交えていっていましたが、あるイギリス人の知り合いが、「ハリウッドの大作の悪役って大体、イギリス英語を比較的綺麗に話すイギリス系の人なんだよね〜。」だって。

NEC_0018.jpg
posted by diane at 00:59| Comment(3) | TrackBack(6) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亡国のイージス

NEC_0021.jpg今週の一番の話題作品。この映画を見に行った方はかなりいらっしゃると思われる。
何しろ原作はかなりの売れ行きの作品であり、当然、作品に賭ける期待度は相当な物と思う。

私自身は原作を読んではいないがこの作品は映画自身の出来、不出来は抜きにしても、かなりの社会的な意味を持った作品ではないかなと感じている。
作品自身は、撮影や、出演者の面々、スタッフの方々、製作費、作品の規模のことを考えると日本の映画史上においてもかなり力を入れた作品なのであろう。
ちなみにこの写真は映画館で、撮影に使われた衣装と言う事で展示してあった物を撮影した。

私は軍事的な事や政治的な駆け引きなどはよくわからないが、どちらにしても、今の現在の日本の状態が良いと思っている人は少ないと言う事実。そのために、形はどうあれ、変えなければならないと感じ、実際に実行に移している人がいるというのもこれまた事実。そういう人達の弱みに付け込んで敵とは言わないが日本の弱みに付け込んでくる外国人工作員が居る事も史実なのであろう。ここの所は実際はわからない。
どちらにしても現在の日本を憂いている人達がいるのは事実でしょう。
また、自分の与えられた任務に忠実である人がいる事も事実。
これらの人達が自分達のスタンスを実行に移そうとしたのがこの映画だと思う。で、実際に上手く行ったのはどういう人達か?

イージス艦が優れた戦艦である事は周知の事実であるがこれが実際に矛先を我々に突きつけた時、本当に怖い。特に、司令塔となるべき人物、自分の信念が揺らいでしまった時、そして、
何の信念もなくただ存在するだけの国家。人任せにして政治を行っている日本という国のつけが今回の反乱に結びついている。しかし、最後に、反乱は治まり、この船を乗っ取り、国に復讐しようとした者の手でこの船は沈められてしまった。この船の維持費、購入価格は莫大な物だっただろうに。果たして、この人任せの国、果たして本当に国家と呼べるのかわからない信念のはっきりしない国にこんな高度な軍事的な物は必要なのだろうか?
賛否両論に分かれるところであろう。

さて、出演者は豪華メンバー。ざっと名前を挙げただけでも真田広之、佐藤浩市、寺尾 聡、中井貴一。その他にも内閣総理大臣役の原田芳雄など、日本映画界の面白い顔ぶれがクレジットに名を連ねている。

この中で一番面白いのは、戦艦サイドの中での主役の真田広之と、政府側のDAISのトップの佐藤浩市は一度も映画の中で顔を合わせていないのにこの映画の進行役となっている。
非常に面白い役どころだ。
また、中井貴一も某国の工作員と言うところで中々面白い配役であるし、寺尾聡も最近、色々と大きな日本映画の作品に出演している。

映画の大きな命題は未だに私などはよくわからないが、日本がこの状態でいいはずがない事は
感じている。
それを一般国民に感じさせたのがこの作品なんだなと思っている。
posted by diane at 00:15| Comment(4) | TrackBack(28) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。