2005年03月27日

バンジージャンプする

本当に最近の韓流ブームは凄い。私の知っている限りの映画館やシネコンでは、かなりの所で「韓流フェスタ」とか「韓流ムービーツアー」とかやっている。

この映画は韓国四天王の一人、イ・ビョンホン主演の作品。作品自体は2001年作品と少し古いが、彼が主演と言うのと先日、韓国ではこれからの期待の女優のイ・ウンジュの共演作品。しかもこの彼女はこれからと言う時に自殺という非常残念な訃報が流れた。と言う事で公開になったのだろうと思う。何しろ、イ・ビョンホンはこれから「甘い人生」という映画の公開が待っているので…。

見た所、とても「愛の純粋さ」を少し、有得ないシチュエーションだが描いている。こんなに純粋で切ない愛の描き方は、韓流独特の得意な手法と言えるかも知れない。
私なりにこの映画を端的に表現するならば「韓流的『いま、会いにゆきます』輪廻転生編」とでも名付けたい所かな。自分の愛情の深さは時代を人の生まれを超えてそれを証明すると言うところか?
座席はかなりの観客が入っていた。韓流なので一般に漏れずこの映画も女性客が多い。

ストーリーは二つの時代に跨って描かれている。
1980年代インウ(イ・ビョンホン)は大学生。ある雨の日、突然自分の傘の中に入ってきた女性テヒ(イ・ウンジュ)に一目ぼれ。それ以来、彼の生活、彼の脳裏からは彼女の存在が消えない。色々と友人達にも相談を持ちかけどうしたら彼女の関心を惹き続ける事が出来るかが彼の毎日の課題。自分の大学の授業もそっちのけで彼女の授業に忍び込んだり、また、吸えないタバコも彼女が「かっこ良く吸う人が好き」と言えば練習してまで彼女の関心を惹き続けようとする。
ある日二人は、山の絶壁に行く。そこで彼女は「ニュージーランドには絶壁から飛び込む人がいる」とパンジージャンプの事をインウに語る。しかし、彼には何の事やらわからない。ここからはしばらく二人の甘い付き合いの状況が続く。ラジオのDJでの告白。彼女から彼へのライターのプレゼント。などなど。
ある日のデートで、その日はやはり雨の日だったが、彼女は激怒。二人は別れる。が、彼女はその場で彼がまた来るのを待ち続ける。そして、彼はその期待に答えるが如くに彼女の元に現れる。そして、「君と寝たい」と言い、日本で言うブティック・ホテル韓国版の様な所に行く。なかなか踏み切れない二人。しかし、時間と共に打ち解けていく。こんな感じで二人の愛情はますます強くなっていく。
ある日、インウが兵役に出発する日だった。駅で待っていてと言われ、彼はずっと待っていた。しかし、テヒはいつまでたっても現れなかった。二人の愛はここで唐突に終わった。
ように見えたというのが正解かもしれない。というのは、彼はどんなに時間が経っても、環境が変わっても、テヒが戻ってくるのを待ち続けていたのだ。ずっと…。

2000年、インウは高校の国語の教師をしていた。彼は結婚し、子供までその時にいた。しかし、心の奥底ではテヒへの思いが燻っていたのいたのだろう。
ある日、インウは自分の担任クラスで挨拶をする。自分と生徒が今、現在、教室で一緒にいるのは因縁だと。そして、生徒から初恋の話を迫られたとき、彼は話始めた。テヒの事を。
「一目で恋に落ちた。雨の日に…」と話始めると、クラスのある生徒、ヒョンビンが一目惚れについて発言した。その発言にインウは触発された。その日から、インウはこの生徒が気になり始めた。この生徒の全ての行動、発言、持ち物などなど。それはインウにとってテヒを暗示させるものだった。「お前は誰だ」とインウは取り乱し、テヒとヒョンビンの事が忘れられなくなっていった。インウとヒョンビンの関係は学校中の噂となり、ホモだの同性愛者だの師弟関係を超えているだの、色々。そして、仕舞には、生徒にも愛想を付かされ授業までボイコットされる。
ヒョンビンはインウを責め、インウはテヒをヒョンビンから感じると泣き崩れ、自分を見失う。そして、インウは退職。ヒョンビンはかつてテヒがインウにプレゼントしたライターを持ち、それを見て考え込む。授業も自分自身の生活も今や無い。そして、ヒョンビンの心の中にテヒとしての記憶が…。ヒョンビンはテヒの生まれ代わりだったのだ。
インウは兵役に付く日の様に駅のホームのベンチで何を待つでも無く座っていた。そこへ全てを思い出したヒョンビンが現れる。インウは運命的な愛をここで感じた。
これから先は、ちょっと見た目では変だがテヒの心を持ったヒョンビンとインウがまたも愛の再燃となる。
ある日彼らは、ニュージーランドに行く決意をする。かつてテヒが言った様に「絶壁から飛び込む」事をする為に…。しかし、このときの二人は、普通のバンジージャンプの様なロープは無かった。

なんとも言えない運命の愛。輪廻転生してまでの愛。凄い力だ。二人の純愛は全てを超えていく。本当に切ない。特に、ヒョンビンとインウの関係はとても胸が詰まる物があった。
全てを思い出してからのヒョンビンとインウの関係。人間の「想い」は力強いと感じさせられた作品だ。

posted by diane at 22:15| Comment(3) | TrackBack(19) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。TBありがとうございます。
私はこの映画の冒頭と最後の空撮がすごく気に入りました。
後半のイ・ビョンホンの繊細な演技は良かったですね。ファンではないけれど、人気があるわけが良く分かりました。私もTBさせてください。
Posted by 月下くるる at 2005年03月29日 23:02
はじめまして、Jennieといいます。
私も早速この映画を見てきました。いろんな意見もあるようですが、私もこれは純粋な恋愛映画だと思っています。究極の愛ですよね。それもとっても切ない。イビョンホンファン以外の方にも見ていただきたい秀作だと思います。TBさせてください。
Posted by Jennie at 2005年04月08日 13:09
ようやく見に行ってきたので、またお邪魔させていただきました。
私も純愛映画としては、なかなかよかったと思います。
確かにありえないとは思うのですが、あってもいいのかも…。
Posted by まきまき at 2005年04月10日 02:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『バンジージャンプする』
Excerpt: あなたは“輪廻転生”を信じますか?『バンジージャンプする』は、大学生の時に愛した女性と17年後に再会するという輪廻転生をテーマにした映画だ。今年の2月に自殺した韓国の人気女優イ・ウンジュが、2001年..
Weblog: 映画の見方“くるる流”
Tracked: 2005-03-29 23:03

バンジージャンプする
Excerpt: 「渡辺徹さんからCD買ったよ。良かったよ」と言われた時、ああヒットするってこういうことなんだと凄く実感して、それで嬉しかったんですよ。普段買わない人がこんな風に買ってくれて、頑張らなくちゃなと思ったん..
Weblog: 私の映画玉手箱(番外編)なんということは無い日常日記
Tracked: 2005-03-30 20:35

バンジージャンプする
Excerpt: そっと心の琴線に触れてくるが、 やがてかき乱されることだろう 愛とは何か?そのカ
Weblog: エンタメ!ブレイク?
Tracked: 2005-04-01 05:11

『バンジージャンプする』
Excerpt: ------今日の映画はいま人気のイ・ビョンホンだね。 『バンジージャンプする』って明朗な青春映画って 感じのタイトルだけど? 「そうなんだよね。ところが中身は思いっきり違ってた。 なんとこれまた時空..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2005-04-03 12:21

バンジージャンプする
Excerpt: 「おぉっ!? 全ての展開予想が外れた。いい意味で裏切られたという感じで、劇場を後にしながらニヤついてしまった。いやー、おばちゃんたちにはきっとたくさんの疑問が残ったんじゃないなかあ。」 今日2本目は「..
Weblog: 31歳独身男Kazuakiの映画日記
Tracked: 2005-04-03 21:50

バンジージャンプする 鑑賞記Vol.2
Excerpt: バンジージャンプをする (韓国版) 先週に引き続き、また見てきちゃいましたー。 だって私は生ビョン兄には会えないから、せめてスクリーンで・・・ 初見の感想は、こちらから。 多少のネタば..
Weblog: 美しき韓流な日々
Tracked: 2005-04-08 13:09

バンジージャンプする
Excerpt: どうしても今週はビョンホンに会いに行かなければ…。 週始めからそう心に決めていた。 残業しながらも、ビョンホンが気になって仕方のない私は、結局仕事を投げ出して、今年19本目の映画「バンジージャンプ..
Weblog: まきまきにっき
Tracked: 2005-04-10 02:30

映画「バンジージャンプする」←今回ネタバレ
Excerpt: 「バンジージャンプする」開映18:40@新宿武蔵野館2 「バンジージャンプする」 2001年 韓国 配給:IMX 監督:キム・デスン 撮影:イ・フゴン、美術:ナムグン・ミン、照明:ウォン・ミョ..
Weblog: こまったちゃんのきまぐれ感想記
Tracked: 2005-04-17 11:10

バンジージャンプする
Excerpt: 2001年 韓国監督    キム・デスン やっと見てきました??先週まではかなり混
Weblog: キャバリア映画館
Tracked: 2005-04-29 20:07

『バンジージャンプする』@韓国映画89
Excerpt: 「バンジージャンプする」/韓国/2001年/100分 英題:A Bungee J
Weblog: すとっく☆すとっく ??めざせサーファー主夫
Tracked: 2005-05-01 20:04

バンジージャンプする
Excerpt:  輪廻転生を思うたびに、こういう死生観が仏教圏だけのものだということが不思議に感じられます。 キリス
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2005-05-02 05:47

「バンジージャンプする」劇場にて
Excerpt: 富山では今日から2週間期間限定上映の『バンジ^ジャンプする』を富山シアター大都会で観てきました。 主演は『甘い人生』の「イ・ビョンホン」、そして今年2月急逝した『永遠の片想い』『スカーレット・レター..
Weblog: xina-shinのぷちシネマレビュー?
Tracked: 2005-05-14 20:36

友がみな、我より偉く見ゆる日よ 2003.5.X 初出
Excerpt: 花を買い来て、妻とたしなむ。 というわけで僕は花を買って来てみた。 花ってなんだ...
Weblog: 仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌
Tracked: 2005-05-31 14:45

バンジージャンプする
Excerpt: 解説: 韓流トップ・スター、イ・ビョンホン主演の純愛映画。監督はこれがデビュー作...
Weblog: spoon::blog
Tracked: 2005-06-02 09:37

バンジージャンプする それってスカイダイビングって言うんじゃ……
Excerpt: ●バンジージャンプするを鑑賞。多少のネタバレ含みます。 1983年。大学で国文学
Weblog: <img alt="title" title="title" src="http://kizaemon.cocolog-nifty.com/blog/images/title_3.gif" border="0" />
Tracked: 2005-07-16 21:59

バンジージャンプする 今年の156本目
Excerpt: バンジージャンプする &nbsp; イ・ビョンホン&nbsp;2本目。たまたまね。 &nbsp; 最初はね、例によって、はにかむイ・ビョンホン。かわい!! で、純愛路線で、ニヤニヤして見てい..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2005-07-31 02:24

バンジージャンプする
Excerpt: 「おもしろくないみたいよー。」という友人の忠告を耳にせず、ただタイトルに惹かれて、見ました。 映画「バンジージャンプする」。 主演はイ・ビョンホンと、いまだ彼女の早すぎる死が悔やまれてならない、イ..
Weblog: ウクレレ探検隊
Tracked: 2005-11-02 17:55

映画vol.54『バンジージャンプする』
Excerpt: 『バンジージャンプする』*TV 監督:キム・デスン 出演:イ・ビョンホン イ・ウンジュ ヨ・ヒョンス 公式HP 『バンジージャンプする』..
Weblog: Cold in Summer
Tracked: 2006-05-10 10:09

たわごとブログ&横浜・賃貸情報 06.8.4
Excerpt: この橋からジャーーーンプ(^▽^)v 不動産ステーション ビルコ岩田です。 先日...
Weblog: スタッフ日記
Tracked: 2006-08-04 19:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。