2005年07月24日

おわらない物語〜アビバの場合

「おわらない物語〜アビバの場合」
これはなかなか大変な話でした。いい映画ですが少し回りくどい所があって理解に苦しむかも…。原題は「PALINDROMES(回文)」と言うのですが本来、回文は上から読んでも下から読んでも同じと言う意味なんですね。だから後半の方になるとだんだんわかってきたのですが出演者の名前がどんどん変わり、例えばBOBやOTTO、主人公の名前AVIVAもどちらから読んでも同じですね。
話のストーリーもそんな感じなんです。色々とアビバは問題行動をしていきます。まあ、それぞれエピソード形式になっているのですがアビバ役が8人居ます。同一人物を短期間で8人の人物がエピソード毎に変わるというのも面白い設定でした。話が展開すればアビバの配役どんどん変わりますが終わりはその逆の形の逆順で閉じていくんですね。なかなか、面白い発想です。ちょっとでは浮かばない形です
posted by diane at 03:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【映画】 おわらない物語 アビバの場合 ★★☆
Excerpt: ストーリー: 幼いころからアビバの夢は、赤ちゃんを産んで絶対的な愛を注ぐこと。 12歳になったアビバは、両親の友人の息子を相手にやっと願いを実現させるが、 娘の妊娠に驚いた母親にむりやり中絶されてしま..
Weblog: 徒然なるままに・・・
Tracked: 2005-08-17 22:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。