2005年08月31日

試写会で見た「オペラ座の怪人」

今日は公開前だが、試写会に偶然行ける事になり、見てきました。多分、私の事だから、また、きちんと公開されたら見に行く様な気がします。じゃ無くて
絶対、行くなあと思います。(笑)
この映画は前宣伝でも言われている通り、アンドリュー・ロイド・ウェバーの作曲・脚本・製作の映画。もちろん、これは、何年も前から世界各地での舞台で
有名なミュージカルの映画化。ミュージカルでこんなにロングランと言うのもなかなか珍しいのだが音楽が良いし、ストーリーも素敵だし演出も良いと来れば
きっとチケットが手に入れば行きたくなると思います。日本では劇団四季がやっていますね。私はロンドンのHER MAJESTY'S THEATREで何年か前に見ました。
映画を見てその時の事を思い出しました。ついでにその時、ハイライトCDを買っていたので、何日か前から公開前に聴こうと思って聴いていました。
映画の中では舞台で使われた曲は殆ど同じでした。違うのはクリスティーヌがはじめて歌う時に、舞台版では「発声練習かな?」とも思えるような部分がありましたが
映画版ではありませんでした。
音楽のアンドリュー・ロイド・ウェバーがこのミュージカルは自分にとって特別で作品を映像の形で残しておきたかったと思うのも当然だなと感じました。

映画は舞台と違ってかなり、細かい撮影や裏舞台等も出さなければならないのでしょうけれどもきちんとディテールも作られていてまた、映画ならではのSFXなどの
効果も使えるのでかなり綺麗な映像に仕上がっていたと思います。エンドロールの部分は多分あれは新曲かも知れませんが舞台では演奏されていなかったと思います。
問題のあのシャンデリアはスワロフスキー製。とても豪華で美しい。
映画の一シーンで、カップルがスワロフスキーの商品を売っている店のシーンがあったんですがそれがなにやら暗示しているようです。
演じている俳優さん自身に軽く触れるとファントムの役をやっている人はジェラルド・バトラー。ちょっと骨太の感じな存在感と声量はあるのだけれどそれほど歌が上手いとは
思わなかったのは私だけかな? しかし、とてもセクシーな感じですね。彼は。グラスゴー出身で、映画にもよく出ているみたい。「トゥーム・レイダー2」「タイムライン」
とかにも出てたらしいです。なかなか、ファントムの愛しているんだけれどねじれた愛。彼の情熱や苦しみの部分が、クリスティーヌによってマスク
を取られる時に特に表れていました。 クリスティーヌ役のエミー・ロッサムはニューヨーク生まれ。幼少の時からオペラ等の舞台に立っていて、歌は上手です。
イギリス式の発音に慣れるのに大変だっただろうな。ラウル役のパトリック・ウィルソンは良く知らないけれど話し方や発音の仕方でアメリカ人かなと思ったらやはり
そうでした。無理して余りイギリス式に直さなかったみたいです。ただ、重要な歌の部分は、かなり矯正されていた感じがしました。
ルルー原作の「オペラ座の怪人」は何度も映画化されています。ただ今回の様なミュージカルではありません。また、舞台の方もこの「ロイド・ウェバー版」
だけではなくて「ケン・ヒル版」というのがあってこれも何度も舞台上演されています。
1870年のパリ。オペラ座では支配人が変わったり、その他色々な事件が起きていた。これはファントムの仕業と噂されていたが何もわからない。
その中で、リハーサル中に突然の事故。プリマドンナが出演できなくなり代役探し。そこでクリスティーヌに回ってきた。
いよいよ、初演で、そこで幼馴染の若い貴族のラウルに再会。その再会に喜んでいる姿を見たファントムはクリスティーヌを地下深くの自分の居場所に連れて行った。
今まで、実はファントムは影ながらクリスティーヌの音楽の影の個人教師をしていた。クリスティーヌは音楽家だった父親が生前よく「音楽の天使が来る」という
言葉を信じ、ファントムが亡くなった「音楽の天使」と信じて彼を慕っていたが、連れて行かれた地下の場所で仮面で隠した彼の正体をみて、驚く。
そこから、物語は急激に展開する。
今日見たこの作品は一般ホールで見たので改めて一般のもう少し音響効果のある映画館で見たいと思っています。。
また、この作品のサウンドトラックは2タイプあって限定版の方は映画を完全収録しているらしいです。
posted by diane at 21:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

オペラ座の怪人、鑑賞中
Excerpt: DVDを鑑賞中。 本編を見るのが2度目でも、やっぱり胸に迫るものがある。 復習も兼ねて、丁寧に見る。 不満は、映画館のどでかいスクリーンと、体に響く大音量でないと、迫力が足りない。 できればもう一回、..
Weblog: たんぽぽ☆ミ のつぶやき
Tracked: 2005-08-31 22:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。