2005年08月31日

ビヨンド the シー  〜夢見るように歌えば〜

今週はこれが一番見たかったです。ケヴィン・スペイシーの吹き替え無しの歌、エンターテイナーぶり。とても良かったです。これは本当に上手いと思いました。最近はこういったミュージカル物が多いですね。でも、どうなんでしょう。俳優さんの本当の実力?なのか、多様な能力ぶりを要求されているのでしょうか。彼自身はトニー賞も受賞経験し、アカデミー賞も二度取っています。演技力は凄いし、徹底しているなあと感じました。自分で監督したんですね。そのせいもあってか、フィルムから彼のこの作品に対する入れ込みをとても良く感じました。
ミニシアター系の作品ですが、全国公開されていますので機会がある方は是非。
私自身は、ボブ・ダーリンと言う人物は初めて知りました。勉強不足でした。
でも、それを十分に補えるだけのケヴィン・スペイシーの演技でした。


posted by diane at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。