2005年08月31日

映画「火火」サウンドトラック〜「愛の絆〜アメイジング・グレイス」

実は、これは3週間程度前に見た映画なんですが、ちゃんとしたレビューを書こうと思っていて書けなくて、3作品まとめて簡単な感想メモになったものを書きました。邦画ですがこれはお勧めです。
実は、今日はこの映画「火火」のサウンドトラックをTOWER RECORDで見つけてつい買ってしまいました。それだけこの映画の印象が強かったのと特にこの映画でテーマソングとしている「愛の絆」は「アメイジング・グレイス」をベースにしています。
私にとってこの「アメイジング・グレイス」は特別なんです。
この曲の違うバージョンを見つけては買っています。もちろんヘイリーもあります。一種のコレクションです。
ここでは、メロディを利用して日本語の詞をつけています。これがまた、とても感動的でしたのでご紹介したいと思います。
アレンジもなかなか映画を印象付けるようにとてもよくできていますので
とても素敵です。ハーモニカやギターベースです。アコースティックな感じが
私は好きです。
作詞はなぎら健壱、ヴォーカル演奏はりりィ&洋士。
愛の絆〜アメージング・グレイス
<黄色>からだがいつか風に果てて  人の胸から消えて
空の果てに小さく浮ぶ  雲になれたとしても
心の中に愛があれば   愛する気持ち持てば
君との絆  解けやしない  そういついつまでも
<水色>遠くいつか星になれて 空に弱く光り
見分けることも出来ぬ星に   星になれたとしても

<ピンク>みなも消えて空の果てに  ひとり ひとりぼっちになって
離ればなれになったとしても 愛の絆あれば
心の中に愛があれば 愛する気持ち持てば
君との絆  解けやしない  そういついつまでも
posted by diane at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6422482

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。