2005年10月04日

今週末も見ましたよ。「ステルス」「セブンソード」「鳶がクルリと」「シン・シティ」「蝉しぐれ」「ふたりの5つの分かれ路」「メトロで恋して」

今週は、土日が通常出勤でなかなか見るのが辛いでした。しかし、月曜日も踏み倒して見ました。結構、見るのは大変ですね。
英語の課題もあったし…。勉強はちゃんとせねば…。しかし、先週はとても忙しく、週末は毎晩、二時間程寝れれば良い方で。不眠症のせいではありません。本当になんか忙しかったんです。
今週は英語の作品が余りありません。フランス語が二つ、日本語が二つ、中国語(中では韓国語のシーンがかなりあり)、英語が二つと言う感じです。


「蝉しぐれ」
これはとてもしっとりとした邦画でした。結ばれるのかなと思われる二人。しかし、最期はまで結局、二人は縁がなかったんですね。何やかんやと二人の間にあって、なかなか難しい関係にあった二人。最後近くの所での二人の最期の逢瀬がなかなか切ない物でした。
この作品は「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」の原作者の藤沢周平の物をベースとした作品。その成果、とてもストーリーが重厚で、また、しっとりと心に染み入るように出来ていて
良かったでした。市川染五郎いいなあ。 あーゆー人が私にいれば最高。カッコイイ。

「ステルス」
夏にニューヨークに行った時、大宣伝をしていた作品で、おもしろそうだなと思い、見に行きました。別に来週でもいいのですが。先行上映で。ファーストデイだから安いし。結局、ニューヨークでは見なかったものの興味は尽きず、行ったのですが…。
予想より余り面白いとは感じませんでした。私が変なのかなあ。最初を見ていたら、なんかストーリーが予測出来てしまって。
ただ、興味を引いたのは人口知能による無人機で、しかも、その人工知能はかなり高度。どんどん成長し、仕舞いには人間の感情も理解できるように発達してしまうと言う所。ここの部分の発想は興味深かったです。
後は…。
ジェイミー・フォックスが出演していたのが面白かったかな。あの「Ray」のあと何に出演するのか楽しみでしたから。


「セブンソード」
これは公開前の宣伝が少し過剰なのではないでしょうか? 確か「HERO」「LOVERS」を越えたとか言っていましたが、私はそうは思いませんでした。逆に宣伝に出ていた二作品の方がかなり良かったと思いますが…。確かにアクションシーンは素晴らしかったです。swordsと言うくらいですから単なるカンフーアクションやワイヤーアクション、などと違い剣さばきも良かったんですけれどね。何しろストーリーがわかりにくい。余り、ストーリーに関わる理由の説明が映画でされていなかったためにわかりにくくなっているのかもしれません。多分、中国の方は
この伝説の剣の事やそれを持っている人物のことがよくわかっているのだと思いますが、そこの所がわからないとこれは面白味が半減されますね。何しろ私なんかは「王朝」と言う言葉が随所に出ていましたが中国の歴史は「王朝」の嵐ですので一体どの王朝を指すのかがあの特徴的な衣装を見てようやくわかったぐらいです。「禁武令」と言うのがありましたがどこか日本の歴史の刀狩を連想させられました。
ドニー・イェンがせっかく出演していましたがなかなか変わった役どころでした。ハングル語を話さなければならなかったのできつかったのではないかな。
この作品は、香港作品ではないので広東語ではなく標準中国語でした。これからも増えるでしょうね。こういう作品。


「シン・シティ」
全編を通して特別なシーンや何かの象徴を表す以外は全てモノクロ作品でした。おそらく近未来の事なんでしょうけれどとても内容が残酷でしたね。何かある意味、現代社会を象徴しているようで怖かったです。そして、ありえない現象の数々。これも驚きでした。途中、目を覆いたくなる様な所もありました。
作品のストーリー構成がちょっと興味深かったですね。決して殆ど余り、各シーンは関わりが無いのですが、1つの街の事を表しているのは難しかったのではと思いました。しかし、こんな街が実在したら、こわいですね。既にあるのかもしれませんが。
この作品は色々と有名な俳優が沢山出演しています。これも驚嘆する部分なのですが、果たして、もちろんそういう彼らですから演技力は高いのですが、そこまでする作品だったのかなと言うと少し疑問を感じます。元はアメコミか何かかな?
BASIN CITYとSIN CITYを掛けているのが面白い。何しろBASINは盆地ですからそれだけでも隔離されています。隔離された街が罪、犯罪、それも大罪溢れる街と言う事なんでしょうかね。
スペシャルゲストディレクターと言う事でクウェンティン・タランティーノを迎えていますが最近の彼の作品はちょっとホラーでもなく暴力的な作品が多いのですがこれもそうですね。
しかし、豪華メンバー出演の割にはと思いました。


「鳶がクルリと」
楽しい作品でした。 最近は邦画の大作映画といえば東宝映画を想像するのですが東映系のこういう軽い感じの作品も結構気楽に楽しめてよかったです。今週はテーマが重い作品が多かっただけに余計に感じたのかもしれません。鳶職は余り、なじみが無いのですがそこの辺りがコミカルに描かれているのと、観月ありさの出演やその他の笑いの人達の出演がこの作品を寄り面白くさせていると思いましたね。哀川 翔が中々良い味出していました。「ゼブラーマン」以来、彼のイメージというか、出演作品が多く、よく、シネコンに掛かる作品に出演する事が多くなってきましたね。この中で彼は作品がコメデイなんだけれど決してコミカルではなくどちらかと言えばとても深い重厚な役どころ。もしかしたら、観月ありさ演じる主役とのラブもあり?というイメージを残してくれています。
この作品は実は原作には続編があると言う事ですので是非それも映画化して欲しいな。
しかし、観月ありさってあんなに丸顔でぽっちゃりしていたかなあ。


「ふたりの5つの分かれ路」
フランス映画。とても構成が変わっていました。ストーリー的にはある夫婦が出会いから離婚に到る経緯を描いた作品なのだろうけれど、通常であれば、時の流れは時系列的に描くのだと
思いますが、これは反時系列的。つまり、結論から、はじめに向かって描いていると言う事。
しかも、この夫婦の営みには、ターニング・ポイントとなる場面があってそれを描くことによって、なぜ?と言う部分を強調した形になる。そのターニング・ポイントが5回あったわけ。
しかし、それを時の流れを逆に描く事によって強調させるというのはなかなか冒険的な作り方だなと感じました。
観客の中には「何だかよくわからない」などと言っている人も居ましたが。確かにわかりにくかったかもしれません。


「メトロで恋して」
これも、フランス映画。タイトルだけで想像すると何かラブ・ストーリーで最期はハッピーエンドかななどと思いがちですが違いました。中々、複雑。原題の訳は(実は私はフランス語は全く駄目なんですが)「クララと私」と言う風になるのですが、結果的に違ったので、日本語のタイトルは変えたのでしょう。しかし、タイトルも大切ですね。それで観客の印象を変えてしまう力があるのですから大変です。
文字通り、二人の出会いは地下鉄です。愛し、愛された二人ですが、病院での結果が思わぬ方向にと言う感じです。二人の考え方の違い、微妙な心のひだの描き方は、愛に関する映画が十八番のフランス映画ならではと言うところでしょう。ハリウッド作品では難しいと思います。
この映画の一番のポイントは人間の弱さを描いている点でしょう。本当に人間て弱い生き物です。まさにそれを上手く描いていると思いますが…。



明日も忙しいなあ。早く講座の残った課題を片付けたいです。
病院にもいきたいし。


1つ思ったのは、新しく英語以外の言葉がわかるようになりたいです。
以前はフランス語は挫折したのですが今日、フランス2作品見てまた、やりたいと思いました。
posted by diane at 04:22| Comment(1) | TrackBack(32) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然で申しわけありません。現在2005年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。トラックバックさせていただきましたので、投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://forum.nifty.com/fjmovie/nma/です。
Posted by 日本インターネット映画大賞 at 2005年12月29日 13:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『セブンソード-七剣-』を鑑賞 10回目in劇場 
Excerpt: 以下には少々作品の内容について触れています 記念すべき10回目の鑑賞は劇場で観ました。もはや狂気の領域…。初回にも関わらず観客が多かったのが嬉しい。途中で泣いているおばちゃんもいた(笑..
Weblog: -PARADOX- 映画 金庸 武侠
Tracked: 2005-10-04 10:11

「セブンソード」
Excerpt: 旦那が見たいと言うので「SinCity」とはしごで見てきました。 私この映画のこと全く知らんかったです。 で、チケット購入の際「この作品は9列の小さな劇場です」と案内され (←「ブレイド3」と一..
Weblog: ゆうなんハイツ
Tracked: 2005-10-04 12:38

「Sin City」※改行後ネタバレあり
Excerpt: 「セブンソード」のあと1時間後にこの作品。 さすがに注目作品は、一番大きな劇場で公開でしたが、 思いっきり観客を選びそうな仕上がりでした(^_^;)。 こりゃあデートで見に行く映画としては、微妙か..
Weblog: ゆうなんハイツ
Tracked: 2005-10-04 12:38

『シン・シティ』を鑑賞
Excerpt:   題名:シン・シティ(R-15指定) 時間:124分 監督:フランク・ミラー 、ロバート・ロドリゲス 出演:ブルース・ウィリス、ミッキー・ローク、クライヴ・オーウェン 等 あらす..
Weblog: -PARADOX- 映画 金庸 武侠
Tracked: 2005-10-04 12:55

出来事を羅列しただけで内面が見えない◆『メトロで恋して』
Excerpt: 10月3日(月) 名演小劇場にて 「パリのメトロ、10万分の1の確率でめぐり会った二人。最愛のひとのすべてを受け入れられますか? 運命の女性は、不治の病だった」 このキャッチフレーズと予告編に..
Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
Tracked: 2005-10-04 17:26

蝉しぐれ
Excerpt:  「文四郎さまのお子様は?」「未だ・・・」「いまだ・・・とおっしゃいますと?」「未だ・・・い、今田耕司」  『たそがれ清兵衛』『隠し剣、鬼の爪』と続いた藤沢周平作品の映画化。今回は、山田洋次監督では..
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2005-10-04 23:58

ステルス
Excerpt:  近未来。アメリカが世界を征服します。(この記事は読まないほうがいいです)  アメリカの敵国がいっぱいありすぎるからさ、ミャンマー、タイ、タジキスタン、ロシア、北朝鮮、全て破壊しまくれ!テロリストが..
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2005-10-04 23:59

鳶がクルリと
Excerpt:  鳶職という職業紹介映画だった?!  平泉成の小さなテント。そんなの摘むなよ・・・哀川翔。笑ったのはそこだけだった。全編、笑わそうとしている脚本家の努力は買うのだけど、全て滑ってます。  大企業で..
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2005-10-04 23:59

シン・シティ
Excerpt:  髪の毛フサフサのブルース・ウィリス。彼が68歳になるというのに、別れた妻には子供ができる。若い嫁さんだったのね・・・  全編モノクロをベースにパートカラーを加えた映画。トレイラーやカンヌレポートな..
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2005-10-05 00:00

『蝉しぐれ』
Excerpt: 二十年、人を想いつづけたことがありますか。 「忘れようと、忘れ果てようとしても、 忘れられるものではございません」 「文四郎さんのお子が、私の子で、  私の子どもが文四郎さんのお子であるような  道..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2005-10-05 00:32

シン・シティ(評価:◎)
Excerpt: 【監督】ロバート・ロドリゲス/フランク・ミラー 【出演】ブルース・ウィルス/ミッキー・ローク/クライヴ・オーウェン/ジェシカ・アルバ/ベニチオ
Weblog: シネマをぶった斬りっ!!
Tracked: 2005-10-05 02:41

★「ステルス」
Excerpt: チネチッタ川崎にて先行上映のレイトショウ(0:10〜)を観てきました。 零時を回っても1日=映画の日=1000円で観れました。 2005年製作の近未来・戦闘機系アクション、120分もの。 あらすじ ..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2005-10-05 03:30

#35:ステルス
Excerpt: KAZZのこの映画の評価  この映画は、映画館で観る事をお勧めします アメリカの情勢やら細かいことを上げるとキリが無いけど、何も考えずに、見られるアクション映画です アメリカ国内の話..
Weblog: *KAZZの呟き*
Tracked: 2005-10-05 10:35

鳶がくるりと
Excerpt: 観月ありさの、あんよがスルリと。 観月ありさのコメディは前向きでよろしいかと。 哀川翔との共演で、ラストは「ハッピーエンド」が補償されてて、ホント、楽に見ることができる映画です。 ま、この日の1本..
Weblog: ::あしたはアタシの風が吹く::
Tracked: 2005-10-05 13:55

シン・シティ
Excerpt: どうも、ロバート・ロドリゲスが苦手でして・・、『エル・マリアッチ』の時から、『スパイ・キッズ』の続編を除いてほとんど見ているけど、どうも気が合わないというか・・、肌が合わないというか・・と思っていたの..
Weblog: toe@cinematiclife
Tracked: 2005-10-05 16:46

鳶がクルリと
Excerpt: 10月1日は映画の日でした。普通1800円の映画が誰でも1000円。しかも土曜日なので観ようと思えばかなり観られる。サッカーも生中継してくれないし、駐車場無料が最大6時間までなので、いつもの映画館に電..
Weblog: 欧風
Tracked: 2005-10-05 21:01

『蝉しぐれ』を観て来ました!
Excerpt: 2005年10月5日 『蝉しぐれ』 2005年10月1日より公開 2005年/日本/2時間11分 配給:東宝 構想15年。 藤沢周平の最高傑作! 「蝉しぐれ」がつい..
Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
Tracked: 2005-10-06 00:09

鳶がクルリと
Excerpt: お前さん、鳶というもんが、どういう人種で、どういう仕事をしてるのか知ってるのかね。 鳶だか隼だか知んないけど、カッコつけんじゃないわよ。(;`O´)o こっちだって女はってんですー..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2005-10-07 20:51

予想通りの展開、笑えないコメディ◆『鳶がクルリと』
Excerpt: 10月5日(水) TOHOシネマズ木曽川にて 大手企業の子供服開発部門で働く貴奈子(観月ありさ)は、新製品の開発のプレゼンで失敗。落ち込んでいるところに、突然の転属命令が出た。それは、ビルの壁に..
Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
Tracked: 2005-10-10 18:57

音速のジェシカ:『ステルス』
Excerpt: 三連休の最終日という事で、いつものように映画館へ。本日は『ステルス』です。いやはや、久々にとてつもない映画ですよ、コレは。激しいアクションとデタラメなストーリー展開のギャップが凄すぎて、観ているうちに..
Weblog: ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション
Tracked: 2005-10-11 01:25

シンシティ  -劇場-
Excerpt:  ”コミックは子供の娯楽”というアメコミの常識を破った大人向けコミック”シンシティ”の映画を観てきました{/kaeru_en2/}  この映画を千尋的にひと言で表すと{/kirakira/}男のロマ..
Weblog: 坂部千尋のsparrow diary
Tracked: 2005-10-13 01:14

蝉しぐれ
Excerpt: 20年、人を想いつづけたことはありますか。 ひかえめでありながらも強かなキャッチコピーである。20年も人を想い つづけたことはあるだろうか?いや、ない。なぜならこの夏に20になったばっかりだから。..
Weblog: 映画がはじまるよー
Tracked: 2005-10-14 21:06

映画のご紹介(63) ステルス
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(63) ステルス 先行上映でステルスを観た。 なんだ、現代版、ファイヤー・フォックスか。 ..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2005-10-15 10:25

#36:蝉しぐれ
Excerpt: KAZZのこの映画の評価   いいねっいやぁ??泣けました こういう映画で感動するようになったって、 やっぱり自分もおじさんなんだぁ??とちょっとショック 邦画は、やっぱり王道..
Weblog: *KAZZの呟き*
Tracked: 2005-10-19 13:14

シン・シティ
Excerpt: シン・シティ
Weblog: 映画INDEX
Tracked: 2005-11-05 06:05

日本インターネット映画大賞
Excerpt:  映画ファンの皆様、毎年恒例の日本インターネット映画大賞(旧称:ニフティ映画大賞
Weblog: 日本インターネット映画大賞 in ブログ
Tracked: 2005-12-25 22:11

ステルス
Excerpt: ●映画の満足度・・・★★★★☆☆☆☆☆☆4.5点 なかなか迫力ある映画なんですが、な〜んかイマイチなんですよね・・・ なぜなんでしょうか?? ストーリーは「戦闘機版ナイトライダー..
Weblog: ホームシアター映画日記
Tracked: 2006-02-10 08:01

蝉しぐれ
Excerpt: 今日のイラストは7代目、市川染五郎さん  忘れようと、  忘れ果てようとしても、  忘れられるものではございません  あれは十四、五の ほのか照れ隠し  ふたりで歩こうと決めた 川ではないけど  いつ..
Weblog: 何曜ロードショー
Tracked: 2006-06-08 01:51

シン・シティ (Sin City)
Excerpt: 監督 ロバート・ロドリゲス/フランク・ミラー 主演 ミッキー・ローク 2005年 アメリカ映画 124分 アクション 採点★★★★ “泣ける映画がいい映画”とばかりに純愛映画の大安売りが続く昨今。ヤ..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2006-07-02 15:24

シンシティ
Excerpt: story “罪の街=シン・シティ”で繰り広げられる3人の男たちの愛と復讐をハリウッドスター総出演で描いた異色クライム・アクション。原作者のフランク・ミラーが自らメガフォンをとり、ロバー..
Weblog: 土曜の夜は・・・
Tracked: 2006-07-21 21:35

シン・シティ
Excerpt: この作品、話題になりましたよね。 DVDで鑑賞。 犯罪の街、「シン・シティ」。 屈強な肉体と醜い傷跡を持ち、仮釈放中の乱暴者のマーヴ。 整形して娼婦の街の自警者と生きる死刑判決を受けた脱走..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2006-07-29 00:39

蝉しぐれ
Excerpt:  今回で最後。『蝉しぐれ』である。
Weblog: 黄昏ミニヨン想録堂
Tracked: 2007-01-28 20:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。